ペットの剥製について

大切なペットを失ったとき、当社の技術でその姿を大切に保存することができます。
製作依頼をされるときは出来るだけ早く冷凍保存をしてください。
小鳥等、体が小さな場合は布等で包み、ビニール袋で密封すると冷凍乾燥を防げます。
冷凍庫に入らない大きさや、冷凍が難しい場合は保冷したまま当店にお持ちいただいても構いません。
遠方から依頼される場合はクール冷凍便をご利用ください。
誤って冷蔵便で送られると、傷みがすすんでしまう場合がございます。くれぐれもご注意ください。
ご依頼品の鮮度の良し悪しが、剥製の仕上がりを大きく左右致します。
夏場等、傷みの進行がはやいと依頼をお受けできない場合もございます。

生前の気に入ったお写真を同封していただけますと製作にたいへん参考になります。
ご依頼、ご来店の際は事前のお電話をお願い致します。

2年に1度行われる世界剥製技術選手権(会場:April 17-21 ,2007 Reno,Nevada USA)に
初めて作品を出品し、下記のセキセイインコでマスタークラスにて賞をいただきました。

<弟子の受賞作品> 文鳥の台座は本人の手を再現しました。
(会場 May 5ー 9, 2009 St. Charles, MO, USA)

ページトップへ

文面・写真等の無断転載転用を禁じます。
Copyright(c) 2016 atelier Sugimoto All Rights Reserved.